2021.12.15

あなたはなぜM&Aをするのか?大切なメッセージ。

  • 売りたい方
  • 買いたい方
解説記事

M&Aには目的があります。前向きな目的である場合もあれば、後ろ向きな課題解決を目的としている場合もあります。

しかし、漠然と「M&Aをする」こと自体が「目的」とすり替わってしまうケースがあります。

この記事では、これから美容サロン事業のM&Aに挑戦しようとお考えの皆様に「あなたはなぜM&Aをするのか?」をテーマに、よくある目的や留意点をわかりやすく解説いたします。

 

売り手によくある目的

後継者問題の解消のため

「後継者問題」とは、オーナー様の高齢化が理由となるわけではありません。

一般的に働き盛りと言われる年齢のオーナー様でも「アーリーリタイヤ」を検討するなかで、「自分に代わってこの事業を経営できる人材が見つからない」という理由で後継者問題を抱える場合があります。

 

売却益を得るため

近年M&Aが一般的になるなかで、「好調な事業を売却することでまとまった利益を得る」ケースも増えています。

ここで得た資金を元手に「新たな事業への投資」を行うことが目的である場合が多く、前向きな目的とも言えます。

 

事業の成長のため

特に小規模事業者に多く、「独自ノウハウを武器に事業の拡大をしたいが資金力が不足しているため、資金力がある企業にバトンを繋ぎ事業を成長させて欲しい。」という目的です。

 

本業に集中するため

美容サロン事業以外にも企業の根幹となる事業(本業)を営んでいるオーナー様に多く、「本業の成長のために経営資源を集中しなければならない状況」が生じた際に、利益規模が比較的小さい美容サロン事業を切り離す目的として実施します。

 

将来的な不安があるため

現時点では堅調に利益が生まれている事業であっても、コロナ禍のように想定外の逆風が生じた際のリスクを感じてしまう場合もあるものです。

そのような将来的不安から解放されることを目的とする場合もあります。

 

買い手によくある目的

既存美容サロン事業の拡大のため

事業規模の拡大が目的であることが最も多いケースです。

事業規模が大きくなれば仕入れ量が増えるため、仕入れ先との価格交渉がしやすくなるなどの優位性「スケールメリット」が生まれ、結果として全体の利益率向上につながることが見込まれます。

またサロン数が増えることでブランドの認知度が上がり、集客力向上・売上向上にも期待ができます。

 

本業とのシナジーを生むため

最近増えつつあるケースで、例えば「本業はSNSを活用したプロモーション企業」で、そのノウハウに美容サロン事業を組み合わせることで「シナジー(相乗効果)」を狙うという目的があります。

 

新規参入のため

美容サロン事業への参入に興味はあるが、経験やノウハウ・人材も持ち合わせていない場合に、「それら全てを一度に得る」という目的でM&Aが行われるケースがあります。

通常は長い時間をかけて得るものが短期間で得られるというメリットがあります。

 

M&Aは「目的」ではなく「手段」

M&Aを検討中の皆様にお伝えしたい留意点は、「M&Aは目的ではなく手段である」ということです。

M&Aに興味を持ち、様々な交渉を進めていくと、目的を果たすためにM&Aをするはずが、「M&Aをしなければならない」という考えになってしまう場合があります。

つまり、「目的を果たす手段としてM&Aを選んだのに、M&Aをすることが目的にすり替わる。」ということです。

常に「私はなぜM&Aをするのか?」という自問をすることが大切です。

 

さいごに

サロンM&Aネットは、美容サロン事業を営む皆様の事業承継に関するお悩みを全力でサポートいたします。

M&Aは初めてだから不安だ」という気持ちは当たり前のことです。

私達は美容サロン事業に特化したM&A仲介事業者として、15年以上に渡る豊富なサポート経験がございます。

M&Aに限らず、出店や閉店に関するお悩みやお困りごとがございましたら、無料相談を受け付けておりますので、お電話やお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

CONTACT

美容サロン事業の売却・買収について
ご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。Contact

どのようなご相談ですか?

    ご相談内容をご選択※必須
    会社名
    お名前※必須
    メールアドレス※必須
    電話番号※必須
    お問合せ内容