M&Aの形態

M&Aとは、Merger(合併)&Acquisition(買収)、
つまり「企業の合併・買収」
の略称ですが、
実際には様々な形態が存在します。

当社では、サロンの売り手と買い手の
ご要望を詳しくお伺いし、
双方にとってベストと思われる形態を
ご提案しています。

株式譲渡

株式譲渡

株式を発行している会社の所有権(=株式)を譲渡する手法で、譲渡の対価は株主に対して支払われます。会社の所有者が変わっても、会社が主体として締結した契約や雇用関係などは変わることなく維持されるため、M&Aの中でも比較的手続きが容易であり、中小規模のM&Aでは多く用いられます。会社の資産、負債などは全てそのまま引き継ぐことになりますので、負債が多い場合や隠れた債務が懸念される場合など、会社全体の価値に疑念がある場合には、大幅なディスカウントがされたり、話自体がうまくいかないケースもあります。また、株主が多数いる場合には、株式をいったん一人にまとめるケースが多く、株主間のコミュニケーションが重要になります。

事業譲渡

事業譲渡

事業の一部に価格付けをして売却する手法で、譲渡の対価は会社に対して支払われます。売り手、買い手相談の上、譲渡する資産、負債を自由に取捨選択できることから、柔軟にスキームを検討することができます。一方、事業を成立させている資産の特定と価値算定、取引先との契約等の移行、従業員の転籍など、多くの手続きが発生します。また、負債や役務残を切り離して買い取りたいという買い手の意向があるケースもありますが、採算事業を売却することにより、負債を返せなくなる可能性が高くなるため、売り手にとっては慎重な判断が求められます。

造作譲渡

造作譲渡

店舗設備(内装造作、美容器具・設備など)に価格付けをして売却をする手法で、「居抜き」での売却がこれにあたります。譲渡対象の資産は、器具・設備など、店舗運営にとって有効活用できるものが多く(水回りや空調設備等)、好条件での造作譲渡が成立すれば、店舗の出店コストを大きく抑えることも可能です。手続きは、事業譲渡・株式譲渡などと比べると比較的簡略化されていますが、売却店舗の賃貸借契約引継ぎなどが必要となるため、テナントの家主、管理している不動産会社とも協議を行う必要があります。 当グループでは、造作譲渡(居抜き物件)の売買に特化したサービス、「サロン不動産ネット」というサイトがございます。

お問い合わせ・ご相談はこちらから