売り手側の
メリット

美容サロンの事業売却に
関するご要望に応えます。

  • 撤退したいが、現状回復工事の費用をかけたくない
  • 引退したいが、後継者がいない
  • 事業や本業に集中したい
  • 資金繰りが苦しく、撤退しようか迷っている
  • 他社の資本傘下に入って事業を継続したい
  • 売却して利益を得たい

事業売却にはさまざまな
メリットがあります

造作譲渡よりも
高く売却できます!

造作譲渡よりも高く売却できます!

美容サロンの譲渡で一般的な手法が、内装や設備・美容器具を譲渡で売却する造作譲渡です。加えて、人材やノウハウも合わせて価値を上げることで、造作譲渡より高く売却できる可能性がございます。昨今、美容業界の人材採用難の背景もあいまって、(人材付きの)M&Aの価値は、より高まる傾向にあります。

従業員の雇用を確保できます!

前述のとおり、現在働いている従業員も含めての譲渡も可能となるため、従業員の雇用を守ることができます。店舗(会社)を閉めたとしても、従業員を解雇することなく、さらに売却益を確保できます。

従業員の雇用を
確保できます!

前述のとおり、現在働いている従業員も含めての譲渡も可能となるため、従業員の雇用を守ることができます。店舗(会社)を閉めたとしても、従業員を解雇することなく、さらに売却益を確保できます。

原状回復工事を
カットできます!

原状回復工事をカットできます!

一般的な物件契約では、退去時に店内を原状回復することが義務付けられています。店舗の大きさにもよりますが、数百万円程度の費用が掛かり、売り手様には大きな負担となります。しかし事業譲渡やM&Aで売却することで、買い手側へ店舗の原状回復義務も引き継ぐことができ、その費用をカットできるのです。

高い売却益を得ることも可能です!

利益を出せている好調時に事業譲渡を行うことで、より高い売却益を得ることも可能となります。新規事業の資金として、リタイア後の貯金としてなど、良いタイミングでより高く売ることができると多くのメリットが生まれます。

高い売却益を
得ることも可能です!

利益を出せている好調時に事業譲渡を行うことで、より高い売却益を得ることも可能となります。新規事業の資金として、リタイア後の貯金としてなど、良いタイミングでより高く売ることができると多くのメリットが生まれます。

お問い合わせ・ご相談はこちらから